ハネムーンでイタリア旅行~一生モノの感動をお二人に!

二人の絆を更に深めるためのイタリア旅行完全ガイドブック

イタリア渡航前にちょっとでも覚えたいイタリア語講座

2016年09月21日 15時05分

イタリアは、世界遺産が多くあり見どころが満載のうえ、食事も比較的日本人の口に合って美味しいので、リピーターが多い人気の旅行先です。イタリア旅行を一段と楽しむために、簡単なイタリア語会話を覚えていくのはとてもよい考えです。

というのもイタリアはヨーロッパの真ん中にあるにも関わらず、若者を除いたらほとんどイタリア語しか話せない人が多く、英語は通じません。それにフレンドリーなイタリア人は、こちらが一生懸命話そうとすると理解しようと努力してくれます。

イタリア語の会話で1番に覚えておきたい言葉は「チャオ」です。チャオは朝も昼も夜も使える共通の挨拶の言葉で、別れ際にも使えるとても便利な言葉です。もちろんもっとかしこまった挨拶の言葉はありますが、覚えるのが大変なので、ここはチャオで統一するとして、もうひとつ大切な言葉に「ありがとう」を意味する「グラッツェ」があります。親切にされたり、何かをしてもらった時に「グラッツェ」と言えたら、自分も相手もとても気持ちのよいものです。それから覚えておくと便利な言葉に「アクアナチュラーレ」があります。

イタリアではレストランで水を頼む時、ただ「アクア」だけだと、ガス入りの水が出てくる場合があります。慣れるとこれもおいしいですが、薬などは飲みにくいので、日本のような普通の水が飲みたい時にはこれですぐに通じます。イタリア語は文法は難しいですが、発音は難しくないので、はっきり発音すれば大抵の場合問題はありません。

その他にも覚えたい言葉はたくさんありますが、まずは「チャオ」と「グラッツェ」できちんと挨拶するところから始めるとよいでしょう。陽気で人見知りをあまりしないイタリア人はきっと挨拶を返してくれるでしょう。