ハネムーンでイタリア旅行~一生モノの感動をお二人に!

二人の絆を更に深めるためのイタリア旅行完全ガイドブック

味と量にびっくり~本場のイタ飯やジェラートをトコトン解説

2016年09月21日 14時58分

イタリアはグルメの国としても有名で、日本でもイタリアンは多くの人に愛されています。
しかし日本で食べるイタリアンと本場では大きな違いがあります。旅行に行った人はその違いに驚く人も少なくはないでしょう。

イタリア料理のことをイタ飯と日本人は略します。日本人が思い浮かべるイタ飯で代表的なのがピザでしょう。日本で食べるピザは1枚を何人かでシェアして食べるのが一般的です。しかし本場では1枚を1人で食べるのが一般的なのです。また日本人と同じようにピザを手で持って折りたたんで食べるというお店もあれば、トラットリアなどではナイフとフォークを使ってピザを食べるところもあります。その不思議な光景に驚く日本人も多いのです。ピザだけではなく基本的にイタリアでは一人当たりの料理の量が多いのが特徴です。ピザのように日本では複数人でシェアするものが現地では一人分になるので、いろんな料理が食べてみたいからと言って一気に多くのオーダーをしてしまうと後で大変なことになりますので注意が必要です。

またイタリア生まれのスイーツとして代表的なのがジェラートです。本場のジェラート店では非常に種類が豊富です。日本人が一般的に好きなフレーバーもありますが、本場ではバジル味やショウガ味など香草や薬味の味のジェラートもあります。想像できない味のフレーバーがたくさんありますし、日本ではなかなか食べることができないとあって観光に訪れた人は変わったフレーバーに挑戦する人もたくさんいます。またその量も多いため食後のデザートとしては食べきれないという人もいます。
グルメの国と言われるだけあってイタリアの料理の味は多くの人を魅了しています。日本で作られているものもおいしいのですが、本場の味を経験してみるというのもおすすめです。